聖路加同窓会とは(本学の変遷)

聖路加同窓会は、聖路加国際大学の建学の精神を継承し、会員相互の親睦と啓発をはかり、母校の発展の推進力となることによって社会に貢献することを目的としています。 同窓会は、卒業年度の垣根を越えたソーシャル サポートとしてのネットワークでもあります。また、看護職者として社会的な役割を果たして行く上では、集団・組織としてのパワーも必要です。各クラスの人数は少ないのですが、現在、聖路加同窓生(下記参照)は、約5,500名です。

  1. 聖路加国際病院付属高等看護婦学校(Class of 1923~1929)
  2. 聖路加女子専門学校(Class of 1930~1956)
  3. 聖路加短期大学(Class of 1957~1966)
  4. 聖路加国際(看護)大学(Class of 1968~)
  5. 聖路加国際(看護)大学大学院・博士前期(修士)課程(1982~)
  6. 聖路加国際(看護)大学大学院・博士後期課程(1992~)
  7. 聖路加国際大学公衆衛生大学院(2018~)

聖ルカ パワーを維持・拡大する事は、同窓会の使命でもあります。

【会員】

正会員は、聖路国際病院附属高等看護婦学校・興健女子専門学校・聖路加女子専門学校、聖路加短期大学・聖路加看護大学/大学院を、卒業/修了した方です。ほかに名誉会員、特別会員の制度があります。

【役員会】

会長、副会長、会計、役員で構成され、月1回の定例役員会が開かれています。役員は、役員会ならびに議場で候補者を推薦し、総会で決定されます。

【クラス委員】

 卒業生・修了生の各クラスを代表するクラス委員(2名)で、同窓会と会員との連絡を密にする役割を担っています。クラス委員連絡会は、年1回開かれています。

【事業】

目的達成のために、次の事業を行っています。
  1.会員名簿の作成、同窓生間のネットワーク構築推進に関する事業
  2.会報の発行等情報発信事業
  3.聖路加看護大学の諸事業への協力・後援に関する事業
  4.会員の教養、専門的知識・技能向上のための啓発事業
  5.同窓会支部および地域支援に関する事業
  6.その他必要な事業
 
【母校への貢献】
 
  ・聖路加同窓会奨学金を給付
  ・講演会(総会、支部総会)の企画と開催
  ・災害ボランティア活動に対する交通費補助
  ・2017年 校旗(刺繍旗、染旗)を贈呈
  ・看護教育100周年事業への協力
 
  他にも、図書館設立のための募金と寄付、ミセス・セントジョン記念教育基金設立、アリスの家建設資金寄付、大学2号館購入寄付等を行ってきました。
 

【年会費】3,000円

同窓会は、会費やご寄付によって運営されています。
正会員の年会費は3000円です。会費納入は、50年分の完納をもって終了となります。また、80歳以上の会員は、会費納入が免除されます。
2015年3月卒業/修了生からは、卒業/修了時に10年分を前納していただくことになりました(この場合も、50年分を全納することもできます)。10年目以降は、「同窓会だより」に同封される払込取扱票を使用してください。郵便局での払込み、ゆうちょ銀行ATM、ファミリーマートからの振込、インターネットバンキング、現金書留をお使いください。(卒業・修了年、内訳を明記を連絡してください)
事務局窓口で、直接現金でのお支払いも可能です。
 

同窓生のみなさまへのお願い Please keep in touch! 

同窓会では、会員皆様の個人情報を管理し、同窓会だよりや大学からのお知らせなどを発送しています。住所や姓が変わられた場合にも、連絡をお願いいたします。外国在住の場合も同様です。

ページトップへ