2016年度(平成28年度)同窓会総会報告

| コメント(0) | トラックバック(0)

 

 2016年度同窓会総会は、2016年6月4日(土)午前10時、11人の来賓、127名の同窓生が集い、開催されました。

 まずケビン・シーバー司祭により、開会の祈りと前年の総会より1年間に永眠された同窓生への追悼の祈りを捧げました。

次に2016年4月1日に新たに就任された福井次矢学長より、本学の今後のビジョンを交えたご挨拶をいただきました。また、同じく新たに就任された糸魚川順理事長からは、同窓会長を本学理事会のメンバーにすること、同窓生の支援業務を大学組織内に設置したいとのお話があり、本会にとりまして非常に心強いご意向をいただきました。

 学事に関して萱間真美看護研究科長、寄付金やミセスセントジョン記念教育基金活用状況について渡辺明良法人事務局長、募金に関して小寺啓介募金室室長からそれぞれご報告と同窓生のご協力に対する謝辞がありました。

 続いて、開会時の着席者91名に委任状1006名、合計1097名の出席により総会成立を確認し、議事に入りました。議事についてはすべてが原案どおり承認されました。

 2016年度は、①支部組織を構築し活用する、②創立100周年事業に協力し共催する、③会員のキャリア開発支援を行う、の3点を重点事業として取り組んでいくこととなり、母校の支援と全国の同窓生の交流にいっそう力を注いでいく方針です。議事の最後に役員改選が行われ、3名の退任、3名の新任が承認されました。

 総会後の生涯学習講演会では、「地域のニーズに応える起業家たち」と題して、直島昌代さん(Class of 1999)、川口智子さん(Class of 2001)をお招きし、起業家としての活動をお話しして頂きました。

 その後2階ラウンジにて懇親会となりました。日野原先生のお元気なご挨拶に引き続き、特別会員の菊田文夫先生、学術情報センター長の廣瀬清人先生がお話しくださり、大学史編纂・資料室の懐かしい写真と説明に会場は大いに盛り上がりました。そして、森川靖子さん(Class of 1977)の伴奏で校歌を合唱し、母校の益々の発展を祈りました。

 懇親会後、希望者は新しく建設された聖路加臨床学術センターを見学しました。参加された方は近代的な建物と設備に圧倒されながらも、今後の本学の活躍に思いを馳せている様子でした。

 本年も卒業後30年のお手伝いクラス、1986卒生の皆さんが、総会から懇親会の準備や後片付けまで、大いにチームワークと手際の良さを発揮されご活躍下さいました。

また、Home Coming Day(希望するクラスに教室を提供し、自由に談笑していただく)は、全部で5クラスの方々がご利用くださり、クラスメイトとの楽しいおしゃべりに花を咲かせておられました。

 2017年度総会は、2017年5月13日(土)聖路加臨床学術センター・日野原ホールで行います。どうぞ多数のご参加をお願いいたします。  

IMG_1588.JPG

 

 

 

 

 

 

IMG_1609.JPG

 

 

 

 

 

 

IMG_1631.JPG

 

 

 

 

 

 

IMG_1639.JPG

 

 

 

 

 

 

CIMG8395.JPG