2015年度(平成27年度)クラス委員連絡会報告

| コメント(0) | トラックバック(0)

2015年度クラス委員連絡会が、11月7日(土)13時より、クラス委員62名(役員5名含む)、役員9名、講師1名の合計72名が出席し、聖路加国際大学301教室で開催されました。

内田卿子名誉会長のお祈りで始まり、小松美穂子同窓会長より大学創立100周年特別委員会の進捗状況の報告がありました。2020年には聖路加国際大学が創立100周年を迎えますが、「大学へ贈呈する記念品」として校旗の作成を提案し予算化し、現在法人の最終決定待ちになっていること、「同窓生への記念文集および記念品」を検討していることの説明がありました。

また2015年11月3日に中央区の功労者の表彰式があり、そこで同窓生の内田卿子さんと青木康子さんが看護教育への功労者として表彰されたことの紹介がありました。

内田卿子名誉会長からは、聖路加国際大学、同窓会の活動に関われてとても幸せなことで、この賞は皆様のおかげでいただけたもので、感謝していますとのお言葉をいただきました。

 

続いて、今年度は、大学で「聖路加国際大学の歴史」についての授業をされている客員教授 渡部尚子氏に「聖路加国際大学の歴史」についての講演をしていただきました。 

2014年度の大学と病院の法人一体化により、資料収集が加速化し、現在それらのデータベース化が進められていますが、大学の歴史を卒業生が知ることはとても大切なことで、母校に誇りを持つことにつながること、そのためには、卒業生・在校生に母校の歴史を正確に伝える必要があり、渡部先生は大学で30時間の授業をされているとのことでした。

クラス委員連絡会では、2020年で創立100年を迎える歴史の中の、一番初期のところの次の4つのお話をしていただきました。

1.明石町について

2.築地居留地とは

3.聖路加の看護教育の始まり

4.占領期米軍病院になった聖路加

また、学校教育では、校旗・校歌・校章が三種の神器とされているが、2015年6月25日になかなか見つからなかった校旗が、現在の聖路加国際大学の地下室より発見されたことの報告がありました。

 

渡部氏の講演に続き、2014年度クラス委員連絡会のご意見・検討事項のその後」として副会長の吉川より情報提供を行いました。報告内容については、同窓会ホームページの会員専用ページにアップしていますのでご覧下さい。( こちら をクリックすると該当ページが表示されます。)

 

最後に次の2点についての説明と依頼を行いました。

・会員管理担当から、同窓生への100周年事業についての情報発信および記念品の送付のための会員管理の充実の必要性から、クラスのメンバーの連絡先、勤務先などを調べて同窓会事務室へ返信してほしいこと。

・同窓会費の徴収について、同窓会費の入金状況の資料を配布し、納入率が低いので、会費の納入を同級生に勧めてほしいことの説明がありました。

 

最後に、大学の3号館「大村進・美代子記念 臨床学術センター」について、キャンパスマネジメント委員会委員で聖路加国際病院看護部長の柳橋礼子氏(同窓会会計担当)より説明がありました。

日刊スポーツ前に建設中のビルは「聖路加の学術センター」で、2016年1月~2月末には完成します。それにより大学および病院内の場所の移動が発生し、跡地の利用についても検討が進められています。同窓会関連では、同窓会室を広くして、同窓生が利用しやすいような場所への移動を依頼していることの報告がありました。

 

最後に、同窓会では、創立100周年に関する情報も含め、同窓生の皆様にはそれらの情報を発信していきたいと思うが、クラス委員の皆様には、本日得た情報をぜひクラスの同級生に伝えていただきたいことを副会長の吉川よりお願いし、プログラム通りにクラス委員連絡会は終了しました。

 

 クラス委員連絡会担当 平野かよ子、中山久子、吉川久美子(文責)

2015クラス委員連絡会HP用1.JPG2015クラス委員連絡会HP用2.JPG